[更新情報]

▽Go to footer

gnuplot の活用事例です.

gnuplot memo:活用 目次

作図事例(コマンドプロンプから使う)

3次曲線回帰

x 値 y 値を与え3次曲線に回帰するものです.回帰結果は「fit_test0.log」というテキストファイルに出力されます. 図中に回帰結果を入れてみました.

ファイル名概要
コマンド記述ファイル
データファイル
回帰結果ファイル
出力図


ローレンツ型曲線回帰

x値とy値を与えローレンツ型曲線に回帰するものです.回帰結果は「fit_test1.log」というテキストファイルに出力されます.

ファイル名概要
コマンド記述ファイル
データファイル
回帰結果ファイル
出力図


地震加速度応答スペクトル(両対数グラフ)

データファイルは以下の構成です.ここでは1列目の周期と,2列目の加速度応答値の関係をプロットしています.列の選択を明示的に行わない場合,1列目を x 値,2列目を y 値として認識します.

#period(sec)  acc(gal)  vel(kine)  dis(cm)
0.02000  321.005  0.220  0.003
0.02063  320.271  0.225  0.003
0.02128  320.656  0.235  0.004
0.02195  321.100  0.247  0.004
・・・・・
ファイル名概要
コマンド記述ファイル
データファイル
出力図


フーリエスペクトル比(複数曲線描画)

データファイルは以下の構成です.このようなデータファイルを3組準備し,1列目の振動数と6列目の平滑化フーリエスペクトル比の関係を,重ね書きでプロットしています.

#分子ファイル名 地表EW IWTH250806140843_EW2.csv
#分母ファイル名 地中EW IWTH250806140843_EW1.csv
#出力ファイル名 sp比 outIWTH250806140843_EW.csv
#バンド幅 1
#データ数 16385
#振動数 分子原SP 分母原SP 平滑化分子SP 平滑化分母SP 平滑化SP比
0.000000E+000 4.403831E-003 2.775324E-003 5.757745E+001 3.761458E+001 1.530722E+000
3.051758E-003 5.769488E+001 8.607772E+000 5.758453E+001 3.761848E+001 1.530751E+000
6.103516E-003 3.295185E+001 4.929097E+000 5.760577E+001 3.763021E+001 1.530839E+000
9.155273E-003 3.119506E+001 4.858689E+000 5.764116E+001 3.764973E+001 1.530984E+000
・・・・・
ファイル名概要
コマンド記述ファイル
出力図


地震加速度時刻歴(x軸の演算処理)

データファイルは以下の構成です.サンプリングピッチ 0.01 秒で,30000 点の加速度値が,1列目に与えられています.

#2008/06/14 08:43:00 IWTH25 地中EW Max.acc=747.922
#dt,0.010
#ndata,30000
0.191
0.190
0.191
・・・・・

この場合,プロットデータ(加速度値)は1列のみなのでこれを y 値とし, x 値は 0, 1, 2, ・・・のように自動で与えられますが,サンプリングピッチは 0.01 秒なので,x 軸の表示を工夫する必要があります.考え方の例としては以下のものがあります.なおここでは描画時刻を 0〜50 秒( 5000 点のプロット)とすることを考えます.

この事例では,プロット時刻を変えても x 軸を書き換える必要が無いため,(2案)の方が効率的となります.

ファイル名概要
コマンド記述ファイル
出力図


気候プロット(y2軸の使用とbox塗りつぶし)

ある都市の,雨量を左縦軸に,気温を右縦軸にとって気候の月変化をプロットするものです.

ファイル名概要
コマンド記述ファイル
データファイル
出力図


replot によるグラフの重ね書き

plot と replot を用いたグラフ重ね書き事例です.

ファイル名概要
コマンド記述ファイル
出力図


媒介変数を用いた等確率楕円重ね書き( set parametric )

媒介変数を用いて,等確率楕円を重ね書きする事例です.

ファイル名概要
コマンド記述ファイル
出力図


関数形の確認(log10,exp)

関数の作図事例です.このように関数の形を確認したい場合にも便利に使えます.

ファイル名概要
コマンド記述ファイル
出力図(1):log10(1+a*x)
出力図(2):1-exp(-a*x)


雨量グラフ(with filledcurves と with boxes)

前橋市の 100 年間の雨量観測記録を「気象庁のホームページ」からダウンロードし,データファイルを作りました.まず「with filledcurves」のテストとして,1900〜2009 年の年間雨量を月別に分解したものをプロットしました.色はデフォルトです.センスがいいとは思えませんが,年により降水量は倍半分のレベルでばらつくことが解ります.また同一の最近 10 年間( 2000〜2009 年)のデータを,「with boxes」を用いて棒グラフの着色事例としてプロットしてみました.

ファイル名概要
コマンド記述ファイル
データファイル
出力図(1):with filledcurves 使用
出力図(2):with boxes 使用


シャルピー衝撃試験結果プロット(multiplotの活用)

懐かし?のシャルピー衝撃試験結果をプロットするものです. ここでは,下段に試験温度と吸収エネルギーの関係を,上段に試験温度と脆性破面率の関係を multiplot を用いて配置しました. 方法は,下に示すとおりです.まず,multiplot の宣言をし,横:縦の相対寸法を 1 : 1 とした領域を考え,set size 1.0, 0.65 で横:縦 = 1 : 0.65 とした図を,set origin 0, 0 で左下を原点とするよう描きます. 次に set size 1.0, 0.35 で大きさを横:縦 = 1 : 0.35 とした図を,set origin 0, 0.65 により,左寄せ・相対高さ 0.65 の位置に描くことにより,上下の図の横軸を共通にしています.最後に, unset multiplot しています.reset は念のため.

なお,tanh(ハイパボリック・タンジェント)関数を用いたフィッティングも行ってみました.この例ではうまくいっていますが,大量に処理する場合,収束しなかったり,期待通りの収束値にならない場合もあり,注意が必要です.

set multiplot
#
set size 1.0,0.65
set origin 0,0
(吸収エネルギーの図)
#
set size 1.0,0.35
set origin 0,0.65
(脆性破面率の図)
#
unset multiplot
reset
ファイル名概要
コマンド記述ファイル
データファイル
出力図:multiplotの活用


3重応答スペクトル図(両対数グラフ)

データファイルは加速度応答スペクトル図化と同じものです.ここでは1列目の周期と,3列目の速度応答値の関係を両対数軸にプロットし,加速度線と変位線を直線関数により追加しています.軸と軸数値の距離が大きく余り美しいできばえではありませんが,このような図も作成可能ということで.

#period(sec)  acc(gal)  vel(kine)  dis(cm)
0.02000  321.005  0.220  0.003
0.02063  320.271  0.225  0.003
0.02128  320.656  0.235  0.004
0.02195  321.100  0.247  0.004
・・・・・
ファイル名概要
コマンド記述ファイル
データファイル
出力図


inserted by FC2 system